替芯一般

高級ボールペンの互換芯としてBic替芯を利用

高級ボールペンの替芯

ブランドものの高級ボールペンには、そのメーカーの純正芯を使うのが一般的です。

しかしパーカー互換芯(G2芯)タイプのボールペンは、他メーカーの替芯を利用することが可能です。

だからアウロラのボールペンでは、パーカー互換(G2互換)の三菱鉛筆ジェットストリームのタンク芯を利用できます。

先のエントリ記事ではモンブランの油性ボールペンにBic替芯を装着することに成功しましたけど、さまざまなボールペンに装着可能であることが実証できました。

そこで今回は、一般的なボールペンへの装着方法を紹介させて頂くことにします。

Bic替芯の装着方法

残念ながら殆どの高級ボールペンでは、そのまま装着することが出来ません。百均でお馴染みの透明パイプにインクが収納された替芯ですけれども、透明パイプ部分が邪魔になるのです。

そこでまずは、このボールペン軸の本体とぶつかって邪魔になる部分を、文房具カッターなどで削り取る必要があります。

Mikanお嬢様
Mikanお嬢様
えっ、そんなことをやるの?

イメージとしては次のようになります。

高級ボールペンでBid替芯

ペン先の金属と段差が無くなるように、ペン先からパイプ後端の方向へ削っていくのです。自信が無ければ、一度に削り切る必要はありません。

少し試してみたら、お目当てのボールペンにテスト装着してみるのです。それで削り方が不足していれば、少しずつ削っていくのです。

手元を削るか、パイプ外周を削るかは、装着具合を参考にすると良いでしょう。大切なのは、なだらかな円形に削ることです。

高級ボールペンにBic替芯

これでお分かりでしょうか。つまり基本的にBic替芯に限らず、百均のボールペン替芯などにも応用可能です。

なぜ今までこのような基本ノウハウを紹介しなかったかというと、実は理由があります。

それは単純に、このような方法が可能だと思いつかなかったのです。ボールペン替芯の外観から、プラスチックのパイプは肉薄で、中には沢山のインクが充填されていると思い込んでいたのです。

… しかし改めて冷静に考えて見ると、そんなことはあり得ません。もしそうだとすると、思い切りペン先を押した時、ペン先の金具がパイプの中に引っ込んでしまいます。

そのようなことが生じないのは、ペン先の金具が引っ込まないようにするため、プラスチックのパイプに段差が存在している為です。

だからインクの量は見た目ほど多くなく、同時にプラスチックは予想以上に肉厚だということです。

それで手書きの図のようになっていることが分かり、改めてBicボールペン替芯を少し削ることによって、高級ボールペン替芯の互換芯とすることを試してみた訳です。

ちなみに芯の太さが足りませんけれども、そこはBicボールペン替芯の周囲に大型付箋紙などを巻き付けることによって、タンク式の互換芯と似たような形にして利用しています。

高級ボールペンでBic替芯

さて上記のような作業をすることによって、モンブランだけでなくて冒頭画像のように、アウロラのオプティマ油性ボールペンでもBic替芯が利用可能になりました。

特に画像のソリッドシルバーモデルは、口金の部分が金メッキされています。Bicボールペン替芯のペン先も黄金色であり、ピッタリと雰囲気があっています。

ちなみに手元にある油性ボールペンで実証試験を実施してみたところ、カルティエのディアボロ(シンゴジラに登場)、ロードスター、ファーバーカステルの伯爵コレクションなどの全てに装着可能でした。

唯一ダメだったのは、口金の部分を特殊プラスチックでカバーしているダンヒル・サイドカーだけでした。

(いやサイドカーだけであっても、あの探偵ガリレオシリーズで湯川学先生が使っている油性ボールペンなので、非常に悲しいことだったりします)

ちなみに替芯の形状が大幅に異なりますけれども、クロスの油性ボールペンにも装着可能です。アベンチュラ、タウンゼント、クラシックセンチュリー、ATX、アポジー、センチュリー2など、全てOKでした。(実証試験済み)

また私が入手したのはペン先の金属部分が黄金色のものでしたけれども、よく見かけるシルバータイプも存在します。

だから雰囲気に合わせて自由な替芯を互換芯として利用できる訳です。

昨今のようにお財布の厳しい状況では、高級ボールペンの替芯が純正芯でなくても大丈夫というのは、大変に嬉しいことです。

(とはいっても、このところボールペン本体を手放す人が多くなっているみたいですね。寂しいことです)

まとめ

と、いう次第で、めでたく高級ボールペンの替芯として、Bicボールペン替芯を互換芯として利用できるようになりました。

created by Rinker
BICジャパン
¥1,236
(2020/12/04 08:03:10時点 Amazon調べ-詳細)

それも特別な道具も必要としないというのは、大変に嬉しいことです。(もちろんボールペン本体に手を入れる必要もありません)

おまけにボール軸が1.0mmと太くなりますけれども、ブラックの四色ボールペンも存在します。これならば会社で仕事用に使っても、恥ずかしく思うことはないでしょう。

それにしても最近は技術革新のおかげで、優れた書き味をお手軽に楽しめるようになりました。本当にありがたいことです。

それでは今回は、この辺で。ではまた。

——————————-
記事作成:四葉静